1年を振り返る映画アニメ編

タグ: アニメ 映画

 月あたりの適切な労働時間は160時間くらいだそうです。我々の場合大体200時間。一週間分労働時間多いじゃねーか。通勤時間が5分未満というのがまだ救い。ただ帰宅後家の修繕をする気力も出ずただぼんやりアニメを見るばかり。最寄りの映画館は姶良や都城で40分程度かかるのでそこそこアクセス悪くはないですがコロナで時短営業もあり帰宅後に映画を見て帰ってまた明日出勤、とできるほど体力もないです。車社会なのでいつか完全な自動運転ができるようになればそれもアリだと思っていますがいつになるやら。

映画館編

 令和2年度で行った映画館は都城の1件1日のみ。これがマキマさん式に朝から晩まで映画を観続ける生活していた人間の成れの果てなのか・・・・? エヴァも観に行くのは4月以降になりそうです。

 客が全員ジブリのシアターに行って三島由紀夫は自分ひとり。都内の深夜帯の上映でも2,3人他人がいたので完全に一人というのは初めての経験。優越感より他人の咳払いや生活音がしない快適さの満足度がありました。ちなみにもののけ姫もそのあと観ました。 CINEPORTの写真都城。微妙に栄えている。

映像作品

 テレビはつないでおらずもっぱらプライムビデオに生活をおまかせしてます。ネットフリックスやhuluも併用したいですが休みが少ないのでこれでいいのです。疲れていると新しい作品を摂取する力も出ず知ってるストーリーをなぞるのが如何に楽か。読書よりアニメを観るほうが楽なのでどんどん精神が怠惰になっていくのを感じます。以下は視聴履歴の抜粋。

都会から田舎に引っ越してきた灰ジャは、虫が苦手なインドア派。手芸部に入って楽しい高校生活を過ごす予定が、散歩中に黒岩悠希と出会ったことがきっかけで謎の「ていぼう部」に入部させられてしまい、釣りをはじめることに・・・。個性的な部員たちに囲まれて、灰ジャの高校生活どうなるの!?

 2020春アニメ①。

2020春アニメその2。Youtubeの10秒ぐらいの切り抜きみたいなやつ、基本イリーガルな転載なので基本觀ないんですが精神が良くないときはmemeとかたくさん垂れ流すときがあって、それに出てきて興味が湧いて1期から一気観(隙きあらば親父ギャグ)。それぽぽろんです(改めて觀たら公式だった)

2020秋アニメ。1,2期の配信がありそろそろ異世界転生なろう系の履修もしないとなあと観てみたが全くそういうアニメじゃなかった。紐神さまだけの一発アニメだと思ってたじゃん・・・・。ヘスティアさまCV水瀬いのりさんとか早く言えよな~。

異世界転生なろう系履修しようぜ作戦第二弾。異世界転生だけど完全にコメディです本当にありがとうございました。

2020秋アニメ②。都城の快活Clubのおすすめ漫画コーナーにマンガがあり先に履修をしていたアニメ。王道異世界転生なろう系だが主人公が女の子。やったぜ。

2020秋アニメ

2020秋アニメ

2020秋アニメ

2020秋アニメ

2020秋アニメ

魔女の旅々っぽさから。映像が小さい。

2021冬アニメ

2021冬アニメ

2021冬アニメ

2021冬アニメ

2021冬アニメ

案外観ていた。秋アニメは割と多く追っていた。ほぼリアルタイムで追ってた数生涯で一番多かった気がする。上記を見ても新しく触れる作品より既知のもののほうが圧倒的に多いです。初めて触れてハマったのは「ダンまち」シリーズ。紐神様だけのキャラデザ一発屋異世界転生系だと思ってました。全然違いましたね。

映画で初見は「マイ・インターン」と「アイ・フィール・プリティ」くらいでしょうか。一度以上観た映画をまた観ている数のほうが圧倒的に多い。新しい作品を観るには体力がいる。

起承転結も綺麗に揃ってまとまっていて観やすかったですが上のpostが率直な感想です。「ジョン・ウィック」も引退した人間が活躍するという点では構造が同じなのですが鼻につく感じがしないです。やっぱ老人はだめだな。

以下は「アイ・フィール・プリティ」の感想。

お笑いについてはTHEMANZAI(2020)のおぎやはぎのネタでもそれを扱うのはどちらかといえば良くない、と思っているので、自分の意識が変容しているのを実感します。

 歳を重ねてから観ると新たな視点が生まれるものとしてよく「スタンド・バイ・ミー」が上げられていますが初見が中学生くらいで、その頃からスレたガキだったのであまり見ている側として温度の変化はありませんでした。むしろ「ザ・マジックアワー」のほうがガキの頃観たときとの差が大きかったです。

映画無限に観たい

呟いたのか、俺以外のヤツと…